アマノフーズ アマノブランド企画室 技術顧問の島村雅人氏
 アマノフーズは、「フリーズドライの匠 海老天とじ丼の素」を発売した。同社 アマノブランド企画室 技術顧問の島村雅人氏に開発の背景やこだわりのポイントを伺った。

――
商品開発の経緯を教えてください。

島村氏:
2019年11月に「フリーズドライの匠 海老天ぷら入り鍋焼うどん」を発売(通信販売・数量限定)したところ、お湯を注ぐだけの調理の手軽さと本格的なおいしさで大変ご好評をいただきました。今回、季節を問わず楽しめるメニューとして、どんぶりメニューでご提案しています。

――
どんな特徴があるのでしょうか。

島村氏:
お湯を注いでかきまぜると、約60秒で2本の尾付きの海老天と、和風だしが効いたふわとろ食感のたまごが楽しめる、本格的などんぶりの素ができあがります。自宅で作ると、海老天を揚げて、さらに玉子でとじて……と難易度の高いメニューですが、アマノフーズの「海老天とじ丼の素」なら、お湯を注いで混ぜてご飯にのせるだけでOKです。
フリーズドライの匠 海老天とじ丼の素

――
こだわりのポイントは?

島村氏:
海老の大きさやプリプリ食感、玉子のふわとろ食感は妥協したくないという思いがあり、試行錯誤の末、商品発売までに2年以上かかりました。トッピングの三つ葉もこだわりポイントです。三つ葉が入ることで、味が引き締まります。また、味付けは少し濃いめにして、ご飯にかけた時にベストなおいしさになるよう仕上げました。

――
どんな人に食べてもらいたいですか?

島村氏:
アマノフーズ通販顧客様はもちろん、フリーズドライ食品の喫食経験のない方にもぜひ手に取っていただきたいです。「家事を時短したい」方や、保存期間が長いので「備蓄食」としてもおすすめです。“お湯を注いで海老天をつくるところ”も楽しんでいただきたいです。
盛り付けイメージ

関連リンク 🔗フリーズドライの匠 海老天とじ丼の素

https://www.amanofd.jp/amano/shop/goods/index.html?ggcd=B774

関連記事

アマノフーズ、お湯を注いですぐ食べられる惣菜、シチュー、カレーなどフリーズドライ新商品
2021年8月20日

投稿者 Genmaiblog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です