ゲーム・エンタメ

壊れたJoy-Conの修理する方法や修理キットをわかりやすく解説

Joy-Con 修理

今回は任天堂スイッチのJoy-Conの修理方法についてご紹介していきます!

この記事をよんで直せるのは

  • Joy-Conが誤反応する
  • Joy-Conのスティックが正常な位置にいない
  • Joy-Conが反応しない

この3つになります。

Joy-Conの修理方法

Joy-Conが壊れているor正常な反応をしない場合は新しい部品と交換するのが一番です。JoyーConの修理キッドが売っているのでそれを使うことが安く、安全に修理できるのでおすすめです!

Joy-Conを解体し、スティックの位置をいじって直そうとしても、直らないことがほとんどです。それどころか、他のパーツまで壊したり、悪影響を与え、悪化することもあります。

ジョイコン修理方法をYoutubeで解説しています。これは私が撮影したものではありませんが、これを見ながら直せました。

店舗によってはドンキでも修理パーツが売っているようですね。私はAmazonの方が安かったので、そちらで買いました。スティックが4つ入りでお得です。Joy-Conのスティックってやたらと壊れるイメージがあるので、多めに買っておいた方が賢いと思います。

修理工具(ピンセットやドライバー)などが最初から付属しているので、別途買う必要がないのもいいですね!

修理キッドを使わずに直す

一応修理キッドを使わずにも直せるようですが、かなり難しそうですね。腕がないと失敗することもあります。(私はうまく直せず、逆にもっと壊すところでした)

Joy-Conの構造を理解していて、修理が得意な人はおすすめです。

任天堂に修理してもらう

任天堂に修理してもらうというやり方もあります。

2つで4400円、2週間ほどで修理してくれるらしいです。スティックとボタンを直してもらい、バッテリー交換までしてくれます。

修理キットはスティックの修理ですが、任天堂はボタンまで修理してくれます。余談ですが、右上のRボタンってめっちゃ壊れやすいですよね。

まとめ

Joy-Conが壊れた時は修理キッドを使って直すのが安くて早くていいのかなと思います。予算や修理期間が長くてもいいよという方は、任天堂に修理依頼をしてもいいのかなと思います!

ABOUT ME
ゲンマイ
Youtubeやゲーム、勉強など幅広い分野に関してお得な情報を発信中です。現在21歳で都内の4年生大学に通う学生。