仮面浪人

【経験談】受験を制する夏休みの過ごし方の裏ワザをぶっちゃける

夏休み

今回は仮面浪人生ならではの夏休みの過ごし方をご紹介します!

まだ夏休みまえだよという人は先にこっちの記事を読んでみてくだい!

夏休みの勉強のしかた

夏休み

周回するワークを決める

夏休みは1ヶ月以上あるので夏休みの相棒(参考書)を決めましょう!

がっつりぶあつい本を買うのではなく好きになれる薄めの参考書のほうがいいと思います。

自分できめた参考書は毎日少しずつ進めていって、夏休み中に2周程度できれば完璧です。

問題集は夏休みということもあり、基礎も応用も兼ねられるようなものがいいです。

8月上旬にやっておくこと

夏休みが始まり、まず夏休みの計画をたてましょう!

遊びの予定がすでにある場合は手帳に書き込み、また休憩する日を決めておきましょう。

今日はなんとなく疲れたから遊ぶといった予定にない日に遊ぶのは、計画性が損なわれるのでNGです!

 

8月上旬はガツガツ勉強をすすめたいところですが、しっかり復習をしましょう!

大学のテスト期間で受験勉強があまりできておらず、知識が失われているのでアウトプットもかねて復習しましょう!

 

もう1つ夏休み上旬にやることは、勉強の習慣をつけることです。この時期に朝方の生活にしましょう。朝にやる勉強を決めたり寝る前に復習することを決めたりと、これも習慣をつくることの一環です。

8月中旬にやること

さあいよいよ学力アップの勉強です。

やりたい参考書を手に取り、自分に必要な知識をつけていきましょう!

注意点としては目先のことだけに集中せずにしましょう。

数学の問題が分からなかったからといって、次の日も同じ勉強に時間を使うのは失敗する人の特徴です。

もちろん必要な場合もあるので見極める必要があります。

そして一番大事なこととして赤本をはじめましょう!

いきなり第一志望の大学の赤本でなくて大丈夫です。

弟二志望、第三志望と簡単なところからでオッケーです。

おススメは毎日1年分です!

正直しんどいです。

3教科でも3時間以上はかかりますし、復習も考えると計6時間はかかると思います。

私が仮面浪人をしていた頃は、3日で1年分の赤本をやっていました。

 

勉強時間は人それぞれですが、参考までに私は帝京大学から法政大学まで上げ、夏休みの勉強時間は1日8~12時間程度でした。

全ての夏休みの勉強時間のアベレージは9時間、遊んだ日をぬいた勉強している日のアベレージは10時間程度です。

8月下旬にやること

夏休みも終盤にさしかかり、どんなに勉強をしていても焦りが出てきます。

あせって自分を見失って、夏休み後のスタートダッシュが上手にできないことはよくあるので、8月20日になったら胸に手をあてて、焦らず自分をしっかり持ち勉強しようと思ってください。

 

8月下旬はやはり赤本を推します。

理想は1日1年分です。

下旬なので少なくても2日で1年分はやると力が付きます。

全く解けなくても問題大丈夫です。

今のうちに赤本を理解しておくことが最重要でここでやっておかないと、後々後悔することになりますよ!

そして夏休み最終日は自分がどれだけできるようになったか実感してください。

あまり力がつかなかったな、けっこうよくできたなと感じ方はひとそれぞれですが、すべて受け入れて9月からの勉強をしっかりしていくことが大切です。

 

まとめ

夏休みにやること

  • 計画をたてる
  • 夏休みにやる参考書をきめる
  • 赤本をやる

最後まで読んでいただきありがとうございます!仮面浪人に関する質問等ございましたら、迅速に回答させていただきますのでTwitterのリプライかDMまでお願いします!

また細かい予定の立て方の記事を書きました!合わせてご覧ください↓

ABOUT ME
ゲンマイ
Youtubeやゲーム、勉強など幅広い分野に関してお得な情報を発信中です。現在21歳で都内の4年生大学に通う学生。